最新技術

 
 

HOME | 最新技術

PCエコサービスでは下記のような様々な電子機器のデータ復旧に対しております。
下記に記載のない機器につきましても、お気軽にご相談下さいませ。

データ復旧料金が他業者様と比べて安くても、クオリティーが低くただ安いだけでは大切なお客様のデータを救出するどころか、データに損傷をもたらす可能性があります。
 
そのような最悪な事態を防ぐために、PCエコサービスでは世界最高峰と名高い、最新のデータ復旧解析機「PC-3000」を複数台完備し、障害機器のこれ以上の劣化を最低限に抑え慎重な解析復旧作業を行っております。


『PC-3000』とは?


警察機関、官公庁、大手データ復旧会社などで導入実績をもつ世界最高峰のデータ解析復旧機材です。
データ復旧用設備の世界標準とも言えるほど知名度も高く、データリカバリーエンジニアのプロフェッショナルツールです。
現時点において、PC-3000を知らない人を「データ復旧技術者・専門家とは呼べない」と言っても過言ではありません。
 
 
 
 
 
  
 
 

 

 

  
PC-3000表面

 

PC-3000裏面

 

解析ルーム
 
解析機
 

 

データ解析復旧ツール『PC-3000』の特徴。


PC-3000では80~85%のHDDの障害を開封分解すること無く、解決することができます。
様々な専門的な解析機能がある中の一部ですが、下記のような機能が搭載されています。
 
1
磁気ヘッド障害の復旧(物理障害)
<MR-Head Shift Technology機能>
複数で構成されるヘッドが一つでも損傷した場合、ハードディスクは異音を発しレディ状態に達せず認識しない状態にてユーザーデータを読み込むことが できませんが、「MR-Head Shift Technology」機能を利用することで、ドライブRAMで損傷したヘッドを正常なヘッドとして仮想的に置き換える ことができます。これによりハードディスクはヘッドが良好だと判断し、正常にユーザーデータを読み込むことができるようになります。
 
2
基盤障害の復旧(物理障害)
<RAM/ROM RreadRight機能>   
基盤上にあるROMやRAM、ファームデータの破損により正常作動や正常通電が行えないことがあります。    このような場合、各ハードディスクメーカーの専用ファクトリーモードにてアクセスを行い、破損しているデータを正常なデータに書き換える事により、 正常にユーザーデータを読み込むことができるようになります。
 
3
プラッタ障害の復旧(物理障害)
<Low loadanalysis機能>
ハードディスク障害時にデータの書き込まれているプラッタ(磁気ディスク)にキズ、消耗からの磁気劣化などから、正常にユーザーデータを読み出せず、 全データや一部データ(セクタ)にアクセス出来ないことがあります。このような場合、セクタを読み込む負荷レベルを変えたり、セクタを逆から読み出 してゆく方法など、あらゆる手段を用いてハードディスクのクローンを作成することにより、ユーザーデータを救出することが可能になります。

- PC-3000を用いた復旧事例 -


パターン1
外付けHDD
メーカー: BUFFALO 型番:LS210D0201


 症状: 周期的な異音があり認識しない状態。

 症状: 周期的な異音があり認識しない状態。

 データ復旧検査結果。

解析機にて検査を行ったところ、複数本ある磁気ヘッドの内、#2に障害がある事が判明。#2をOFF、障害のない正常な残りの磁気ヘッドを全てONにした状態で、クローンを作成したところ、お客様の希望するデータを無事に抽出できました。
 

復旧成功